COLUMN

【大阪】ウォールアートの依頼はWALL SHAREへ!デザイン性の高いアートで空間を彩る ウォールアートの定義とは?

HOME  > COLUMN > 【大阪】ウォールアートの依頼はWALL SHAREへ!デザイン性の高いアートで空間を彩る ウォールアートの定義とは?

壁をデザイン性の高いアートで彩る「ウォールアート」。若年層を中心に楽しまれているウォールアートは、新たな広告として世界中から注目されています。

 

このウォールアートは、新しい集客方法として用いられるだけではありません。老朽化した壁の落書き防止に役立つほか、海外では地域の治安が良くなったという驚きの結果が報告されています。

 

このように無限の可能性を秘めたウォールアートですが、日本国内での認知度はそこまで高くはなく、今まさにスポットが当たり始めた空間演出方法といえます。そこで本記事では、大阪でウォールアートの依頼を承るWALL SHAREが、ウォールアートについて詳しく解説します。

ウォールアートを直訳すると「壁の芸術」

「ウォールアート」とは、壁をデザイン性の高いアートで彩る芸術を指します。壁にスプレーやペンキを用いてイラストを描くウォールペイントはウォールアートの一種であり、「ウォールアート=ウォールペイント」ではありません。

 

Wall Art(ウォールアート)は、直訳すると「壁の芸術」となります。ウォールアートというと一般的に壁画をイメージしがちですが、壁画を意味するWall Painting(ウォールペインティング)が壁に描かれた絵を指すのに対して、ウォールアートは単なる絵にとどまりません。例えば、照明が当たることで見え方が変わるアート、また人が壁の前に立つことで完成するアートがあります。

日本国内では、実力のあるアーティストがペイントを施して、まちの活性化に貢献しているケースも見受けられます。ウォールアートは単に壁に描かれた絵を指すのではなく、壁に描いた絵を用いて空間を演出する芸術なのです。

 

ウォールアートの制作依頼は、大阪のアート制作会社「WALL SHARE」にお任せください。大阪にあるWALL SHAREはウォールアートのほか、アート広告や動画制作の依頼も承っています。

ウォールアートの定義とは?

ウォールアートを定義するには、ウォールアートと落書きの違いを明確にしなければなりません。ウォールアートについて説明すると、「落書きとどこが違うの?」と質問されることが多々あります。まちの壁に描くという行為自体は同じですが、合法か非合法の違いは明確です。ウォールアートは該当する関係者の許可の元、アートを制作します。

 

ウォールアートと落書きの違いを説明するなら、ストリートで活動するグラフィティ・アーティストのバンクシーに触れずにはいられません。彼は落書きとダークユーモアを組み合わせたストリートアートで社会を風刺し、「芸術テロリスト」として世界中で高く評価されています。彼の絵を落書きと一蹴する人もいますが、ただの落書きとは一線を画す芸術性の高さとメッセージ性の強さによって、心を震わされた人は少なくないはずです。

さらに、前述の通りウォールアートは単に壁に描かれた絵を指すのではなく、壁に描いた絵を用いて空間を演出する芸術です。

 

以上のことから、「ウォールアートとはメッセージ性と高い芸術性を持ち、あらゆるアートを組み合わせて壁面を装飾した作品」と定義することができるでしょう。

 

ウォールアートの依頼は、大阪のアート制作会社「WALL SHARE」へ。WALL SHAREは関西エリアをメインに、ウォールアートをはじめオフィスや店舗外内装へのアートデザイン制作依頼を承っています。

大阪でウォールアートを依頼するならデザイン性の高いアートで空間を彩るWALL SHAREへ!

ウォールアートは単に壁に描いた絵を指すのではなく、メッセージ性と高い芸術性を持つアートデザイン作品であることを解説しました。

 

ウォールアートは企業のブランディングやプロモーションに役立つだけでなく、オフィスをウォールアートで彩ることで入社意欲を高めることもできます。ウォールアートで空間をデザインし、普遍的な価値を生み出しましょう。ウォールアートの依頼は大阪のWALL SHAREへ。

大阪でウォールアート制作をお考えの方へ

大阪でイベント広告用ウォールアート制作・空間デザインならWALL SHARE

[会社名]WALL SHARE株式会社

[住所]〒554-0002 大阪府大阪市此花区伝法6丁目1-65

[代表]川添孝信

[設立] 2020年4月

[URL] https://www.wallshare-inc.com/