COLUMN

【大阪】ウォールアートと企業ブランディングの関係・導入するメリットとは?

HOME  > COLUMN > 【大阪】ウォールアートと企業ブランディングの関係・導入するメリットとは?

01_mv.jpg

【大阪】ウォールアートをオフィスに導入する意味は?

企業ブランディングの一環として、オフィスにウォールアートを導入してみませんか。アーティストがデザインしたおしゃれなウォールアートは、企業のイメージを一新するのに役立ちます。また、費用対効果なども期待できます。作品に対する要望やスケジュール、費用などの相談を行い、それぞれのオフィス空間にふさわしいウォールアートを描きましょう。

 

こちらでは、企業ブランディングについての概要や、オフィスにウォールアートを取り入れる動きなどについてご紹介いたします。

【大阪でウォールアート制作】企業ブランディングの概要

企業の発展を考えるなら、企業ブランディングを意識しましょう。従業員が誇りを持って働ける場所を作ることも、重要な企業ブランディングです。こちらでは、企業ブランディングの必要性や具体的な手法を見ていきましょう。また、企業ブランディングを意識するメリットもご紹介いたします。

【大阪でウォールアート制作】企業ブランディングとは?

企業ブランディングは企業の価値を高めたり、独自の魅力をアピールしたりすることで、コーポレートブランディングとも呼ばれます。オフィスを「単に働く場所」と考えることはできます。しかし、近年は企業ブランディングを通して、オリジナリティを高める企業が増えています。

 

商品やサービスを選ぶときに、消費者の多くはブランドを意識します。「このブランドであれば安心」という思いが購買行動につながるケースは非常に多いです。

 

これと同じように、ビジネスにおいてもブランドを意識することは重要です。オフィスにコンセプトを持たせることは、企業ブランディングの一手法です。

カラフルなオフィスの壁

リラックスできる雰囲気に整える、アーティストによるウォールアート作品を取り入れてスタイリッシュな雰囲気に仕上げるなど、工夫することで企業のブランド力は高まります。

 

企業のブランド力というと、大企業に限定されるものと思われるかもしれません。しかし、企業ブランディングを意識すれば、中小企業も注目を集めるチャンスが増えていきます。働き方を変化させる、費用対効果のあるオフィスデザインを採用するといった方法で、企業のブランド力を高めていきましょう。

【大阪でウォールアート制作】企業ブランディングのメリット

企業ブランディングを意識することには多くのメリットがあります。他社との差別化を図りたい場合、企業ブランディングの意識が必要不可欠です。

 

自社独自のブランディングイメージを確立できれば、競合他社よりも一歩抜きん出ることが可能となります。さらに、従業員の意識にも大きな変化をもたらします。

モチベーションの向上効果が期待できるのは、企業ブランディングの大きなメリットです。事務的な雰囲気が漂うレイアウトのオフィスに対して、不満を持つ従業員もいます。働きにくいオフィスに対する不満は、仕事へのモチベーションにも影響を及ぼします。

企業ブランディングのメリット

生産性が低下すれば、企業全体の業績が下がる可能性も考えられるのです。企業ブランディングを意識したオフィス作りは、従業員のモチベーションアップにつながっていきます。従業員にとって居心地がよく、おしゃれで魅力的なオフィスを作ることで、生産性を向上させることも可能となります。

よりよい道を模索して転職する方にとっても、企業ブランディングは重要な判断材料になります。求職者は前もってホームページや採用面接に訪れた際に、オフィスの見た目や雰囲気などもチェックしています。オフィスにスタイリッシュなウォールアートがあれば、先進的かつブランド力の高い企業という印象を与えられます。企業ブランディングを通して独自性をアピールすることは、求職者の増加や優秀な人材の確保につながっていきます。

【大阪でウォールアート制作】オフィスへの需要やおすすめの理由は?

企業ブランディングの一環として、オフィスの壁面にアーティストがペイントするウォールアートの需要が高まっています。テレワークの導入など、オフィスのあり方が変わりつつある現代において、オフィスをおしゃれに変化させることには確かな意味があります。オフィスにウォールアートなどの作品を導入する意味や需要、メリットを見ていきましょう。

【大阪】オフィスを彩るウォールアートの需要が増加中!

オフィスにウォールアートを描く取り組みが広がっています。例えば、アメリカではGoogle社やFacebook社、Uberなどが一流アーティストに依頼し、デザインや費用などに納得したうえで制作したオフィスアートを導入しています。

 

日本でもベンチャー企業など、先進的な意識を持つ企業を中心にウォールアートの導入が増えています。現代はアフターコロナの時代を迎え、オフィスの縮小または撤廃する企業が増えています。テレワークの浸透により、オフィスのあり方や働き方などの見直しが行われているためです。

新たな働き方が広まりつつある一方で、働きにくさを感じている方もいらっしゃいます。

ウォールアートの需要

ずっと自宅で作業することで、コミュニケーション不足に悩まされるケースは少なくありません。また、帰属意識が薄くなり、モチベーションの低下を感じるといったケースもあります。

 

かつて働く場所として存在していたオフィスは、現在は企業を象徴する空間に変化しつつあります。テレワークという働き方が広がっても、従業員はオフィスに出社すれば企業の一員であることを再認識できます。また、従業員同士の雑談など、リモートではなかなかできないコミュニケーションの場にもなります。

オフィスを企業の象徴的な場所と考える場合、心地よく快適な空間を作る必要があります。必要な設備が十分に揃っていても、事務的な印象が強いと、モチベーションは上がりにくいです。きれいでおしゃれなオフィスで働くことに憧れる方は少なくありません。デザイン性の高いオフィスは企業独自のこだわりや文化が込められており、従業員が気持ちよく働ける場となります。就職・転職活動を行う方にとっても、オフィスデザインは判断基準の一つになります。

アーティストが手掛けたおしゃれなウォールアートのあるオフィスのほうが注目されやすいです。ウォールアートを通じて、企業の個性を表現することには多くの需要があります。

【大阪】オフィスへのウォールアートがおすすめの理由とは?

◇ 従業員のイノベーションを刺激できる

アート作品を見て創作意欲を刺激される方は多いです。企業ブランディングのためにカッティングシートや壁紙を使って、オフィスを華やかに彩るケースもあります。

 

見た目が華やかになり、一定の効果が見込めます。しかし、専門のアーティストによって描かれたウォールアートの質感は別格です。

 

アーティストの作品を何度も目にしていると、細かい筆致や塗りの技法、作品に込められた想いなどから、新たな発見や気づきにつながることがあります。

 

精緻なウォールアートは、従業員にクリエイティブな刺激を与えるきっかけとなるはずです。

オフィスへのウォールアート

◇ 企業の方向性が伝わりやすくなる

おしゃれなウォールアートを導入することには、企業の方向性が定まりやすくなるというメリットもあります。オフィスを彩るウォールアートは、訪れた顧客や取引先の目にも止まります。会社の個性や方向性を表現したウォールアートは、顧客や取引先に対するメッセージ性を含んでいるのです。

◇ 感性の合う仲間が集う空間になる

個性豊かなアーティストによるウォールアートを取り入れたおしゃれなオフィスは、人が集いやすい温かい空間になっていきます。ウォールアートを描いたことをきっかけに、オフィス内のレイアウトを一新するのも有効な方法です。ミーティングに適したデスクを用意すれば、オフィスは有用な意見が活発に飛び交う空間となります。

 

また、コミュニケーションスペースを確保することによって、従業員同士の交流が深まるかもしれません。アーティスティックな空間を作ることで、企業の採用効果も高まります。デザイン性の高い空間で働きたいという優秀な人材を募る手段として、オフィスにウォールアートを導入することもメリットの一つです。

大阪での企業ブランディングにおしゃれなウォールアートの導入を!

オフィスの壁面に描かれたウォールアートは、企業にとって効果的なブランディングとなります。おしゃれなウォールアートの制作を依頼し、企業のイメージアップを図りましょう。大阪のWALLSHAREでは、ウォールアート制作の依頼を承っています。

 

広告の費用対効果や制作にかかる予算などの疑問点についても丁寧な説明を行い、ご納得いただいたうえで対応を進めてまいります。デザインや費用面などで気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

デザイン広告におすすめ!大阪で壁画アートの製作依頼ならWALL SHARE

[会社名]WALL SHARE株式会社

[住所]〒530-0016 大阪府大阪市北区中崎1丁目11−10−401

[代表]川添孝信

[設立] 2020年4月

[URL] https://www.wallshare-inc.com/